NIPPONIA 平福 宿場町

歴史を宿す古民家で
平福の風土に触れる時間

  • NIPPONIA 吹き抜け 階段
  • KUMOTSUKI 佐用川の景色
  • NIPPONIA 夜の様子
  • NIPPONIA 平福 宿場町
  • NIPPONIA 吹き抜け 階段
  • KUMOTSUKI 佐用川の景色
  • NIPPONIA 夜の様子

宿場町の趣残る町並みで
古民家に、暮らすように泊まる

江戸初期に建てられた利神城(りかんじょう)の麓に広がる兵庫県佐用町平福地区。宿場町として栄えた当時の趣が残る町並みが魅力です。
当施設は、旧木村酒造場の母屋・旧木村邸を改修した古民家宿。
因幡街道随一の宿場町だった歴史を感じさせる町並みに滞在しながら、歴史や豊かな食文化、自然を体感してください。

NIPPONIA 平福 宿場町_居間
中庭を眺めることのできる居間

地元住民である支配人とシェフ
佐用出身の三木支配人と羽山シェフ

まちの住民がお出迎え

当施設は、まちをよく知る地元住民が支えています。宿の支配人は、町内の米農家。レストランのシェフは、町内で野菜づくりをしながら、厨房で腕を振るいます。ここ佐用町平福に訪れてみて、まちのことをもっと深く知りたい、まちに関わってみたい。そんな好奇心ある人と、まちとの接点となる。そんな宿です。

産地ならではの
食文化を発信

朝ご飯は、支配人が育てた米をご用意。お味噌汁は自家製大豆で作った味噌を使用しています。体に優しく寄り添う味わいをお楽しみください。
レストランのシェフは、町内で野菜を育てる生産者でもあります。自ら育てた野菜をはじめ、地元農家から仕入れた野菜をふんだんに使ったお料理をご用意しています。Farm to table。「農場から食卓へ」を体現する場となっています。

宿泊者向けに出される日替わりの朝食
宿泊者向けに提供される日替わりの朝食

施設概要

当時の趣

素朴な土壁。天井に残った雨漏りの跡。
通常の改修では、取り替える部分も、当施設では敢えて、そのままに残しています。それは、建物が宿す「時間の堆積」を感じてほしいから。
一方、隙間が残り、冬は寒いといった不便さも。
日本家屋はかつて、夏を優先して建てられていました。そんな当時の暮らしに思いを馳せながら、古民家での暮らしを体験してみてください。

NIPPONIA 平福 宿場町 当時の趣
NIPPONIA 平福 宿場町 客室

客室

懐かしさのなかに、新しさを感じる設え。建物の趣とゆったりした時間を感じてもらえるよう、テレビや時計はありません。旧因幡街道に佇むこの建物での時をお楽しみください。
またキッチンのテーブルや2階のカウンターなど、作り付け家具には、大量に残っていた酒樽の木材をアップサイクルしています。

ヒノキ風呂

旧木村邸には広い中庭があります。縁側でくつろいだり、畳の部屋からのんびり眺めたり。時間を忘れてお過ごしください。
なかでもお風呂は特別な空間。兵庫県産のヒノキを使ったお風呂からゆっくり庭が眺められ、非日常の時間を味わえます。

NIPPONIA 平福 宿場町 ヒノキ風呂

レストラン

KUMOTSUKI

食の産地から届ける
ここだからこその一皿を

レストラン KUMOTSUKI

日本酒を造っていた酒蔵をリノベーションしたイタリアンレストラン。KUMOTSUKIがある兵庫県佐用町は、野菜をはじめ、牛、豚、地鶏などの畜産、シカやイノシシといったジビエ、アユなどの川魚など豊かな食材がそろいます。こうした地元産の食材のおいしさ、生産者の思いを伝えるのが、レストランKUMOTSUKIです。

  • 日替わりランチ
  • おまかせコース

そのほか、お飲み物も充実

レストラン KUMOTSUKI

周辺情報

スポット
利神城跡

利神城跡

リンクへ移動

標高373mの山頂にある国指定史跡

NIPPONIA平福 宿場町から見える城跡。入山を希望される場合は、佐用山城ガイド協会が実施する「利神城ガイドツアー」に限り、登山することができます。申込は、「リンク」から。

観光
平福の町並み

平福の町並み

宿場町の風情を感じる町並み

江戸時代、因幡街道随一の宿場町として栄え、南北に1.2キロほど続きます。NIPPONIA平福 宿場町は、この1.2キロのちょうど真ん中辺りに位置します。 特に川端風景が特徴的で、川沿いの散策もおススメ

スポット
棚田

棚田

美しい農村の原風景

佐用町には、各地に棚田が多く点在しており、なかでも有名なのが、「日本の棚田100選」の乙大木谷の棚田。約1000枚もの田んぼが広がり、田植え、収穫期など時期によって多様な風景が楽しめます。

観光
ひまわり畑

ひまわり畑

リンクへ移動

数十万本の大輪が咲く絶景

佐用の夏の風物詩の一つ。7月中旬から8月上旬ごろに佐用町南光地域内で一面に咲き誇ります。「ひまわり油」やその油かすを食べて育つ「佐用ひまわり地鶏」など味覚でも楽しめます。

アクセス

NIPPONIA 平福宿場町
〒679-5331 兵庫県佐用郡佐用町平福697-1
090-3053-0700

【お車でお越しのお客さま】
中国自動車道佐用ICから国道373号を鳥取方面へ8分

【電車をご利用のお客さま】
智頭急行平福駅から徒歩で5分

NIPPONIA 平福 宿場町

歴史を宿す古民家で
平福の風土に触れる時間